ドローンは2.4GHzの電波でどのくらい飛べる?

ドローンは2.4GHzの電波でどのくらいの距離を飛ぶ?

日本で普及している数多くのドローンは、2.4GHz帯の電波が用いられています。ドローンレースなどでは5.7GHzの周波数帯を利用するものもありますが、そちらは数も少なく、さらに無線の免許が必要になるので一般には普及されていません。

そのため、2.4GHzの電波が使われているドローンを使う機会がほとんどですが、この周波数でドローンを飛ばした時に、どのくらいの距離まで送信機と通信ができるのかが少し不安になる人もいるかもしれません。

そこで本記事では、2.4GHzの周波数帯を使ったドローンは送信機からどのくらいの距離を飛ばすことができるのかをご紹介します。

2.4GHzでドローンはどのくらいの距離を操縦できる?

結論から言うと、機体によって飛ぶ距離はかなり変わってきます。

プロが使うような「Mavic」や「Phantom」シリーズだと、送信機からの電波を4km以上の距離でもキャッチできるとされています。ただし、こちらはWi-Fiではなく送信機からの電波送信での話。高価なドローンでもWi-Fi接続でドローンを飛ばすのであれば、100m前後の飛行距離です。

安価で購入できるトイドローンも同じ。同様に2.4GHzの電波でドローンを飛ばすのであれば、約10〜100mの距離しか操縦できません。

  • DJI TELLO:最大飛行距離100m
  • DJI Mavic Pro:最大飛行距離13km(送信機) / 80m(Wi-Fi)
  • DJI Mavic mini:最大飛行距離2km(送信機)

送信機なしでドローンを飛ばすとなると、どうしても飛行距離が短くなってしまいます。

2.4GHzのメリット・デメリット

自宅のWi-Fiなどでお馴染みの周波数帯である、2.4GHzと5GHz。前者の周波数帯である2.4GHzがドローンに採用されている理由は、電波が届く距離と、その強さに関係があります。

Wi-Fiの電波は一般的に低周波数であればあるほど、電波が遠くまで届きやすいと言う性質を持っています。余談ですが、スマホのLTE回線は800MHzがプラチナバンドと呼ばれているとおり、低周波のため電波が広範囲に届けやすいことから採用されています。

2.4GHzは壁や床などの障害物にも強く、室内で利用するのならもってこいの電波です。

しかし、そんな2.4GHzでも弱点があり、ドローンにもそれは直接影響してきます。

最大のデメリットは2.4GHzの周波数帯がそこら中に溢れていること

ドローンのWi-Fi接続で使われている2.4GHzの電波は、Wi-Fiルーター、電子レンジを筆頭とした多くの家電、Bluetoothなど様々なところで使われています。

そのため、街中でドローンを飛ばすとなった時はお互いの電波が干渉し合ってしまい、電波が弱まるデメリットが存在します。つまり、電波がドローンにクリアな状態で届くことはなく、最大飛行距離が例え100mだったとしても、そのくらいの距離を飛行することは難しいと言えます。

特にイベントの時は、人が集まることに加えスマートフォンの電波がドローンの電波にも影響してしまい飛行距離がガクッと落ちるとされています。その他にも、複数台のドローンが同じ上空内で飛び交っていると、それぞれ2.4GHzの電波を使っているのでお互いに電波干渉を起こしてしまいます。

常に電波の状態を確認しながらドローンを操縦する

多くの電子機器で2.4GHzの電波が使われているので、常に電波の状態を確認しながらドローンの操縦を行うことを推奨します。電波の状態は送信機やスマートフォンアプリで確認できます。

また、強力な電波を発するような鉄塔や施設がないかも必ずチェックしてください。特にスマホの電波を発する基地局は強力な電波を発しているので、ドローンと通信が途切れてしまうことが多いです。そのほか、変電所や高圧電線、工場付近も強力な電波を発しているので注意してください。

最大飛行距離・高度の設定もおすすめ

ドローンの種類にもよりますが、専用アプリを使うことでドローンの最大飛行高度や距離を予め設定することが可能です。この設定を行うことで、安全に飛ばせそうな距離を事前に設定できるので、事故のリスクを最小限に抑えることが可能です。

例えば、DJIの製品だと「DJI GO 4」を使うことで、以下の飛行設定が可能です。

  • 初心者モード
  • 最大飛行高度の設定

初心者モードは、ホームポイント付近の半径30mいないを飛行制限としてドローンを飛ばせます。初めてドローンを使う人にまずおすすめしたい飛行設定です。

また、最大飛行高度も20〜500mの範囲で設定することができます。Mavic 2シリーズは最大高度が約6,000mと目視では絶対に見えなくなるくらい飛ばせてしまうので、ドローンの操作に不慣れであればあるほど最大高度は設定しておくべきです。

そもそも日本では航空法で150m以上の上空での飛行は原則禁止。ただし、離陸した場所からの距離なので、例えば海抜から500mの場所に居たらその場所から150m未満の高度であれば上昇してOKです。もし、150m以上の高度でドローンを飛ばす場合は、国交相に届出を出して許可をもらう必要があるので注意しましょう。

スポンサードリンク

ドローンの基礎用語を学ぼう!

ドローンを空撮目的で始める人も多いと思います。私もテレビでよく見る俯瞰視点で海や山を撮影したいと思い、ドローンを始めました。そしてドローンにはカメラが当然搭載されており、それぞれの用途に応じたカメラが […]

ドローンの基礎用語として「スキッド」が存在します。 スキッドとは、ドローンについている脚のことを指します。主に着陸時に用いられる脚で、完全に固定式のものから飛行時はカメラの邪魔をしないようにスキッドを […]

ジンバルとは

ドローンには、カメラの両端に「ジンバル」と呼ばれる装置がついている製品があります。 ここでは、ジンバルとは何か、ジンバルの役割について詳しく紹介していきます。 ジンバルとは? ジンバルとは、ドローンが […]