iMovieの使い方:クリップフィルタ(エフェクト)追加・削除方法

iMovie(アイムービー)では、あらかじめいくつかのエフェクトが用意されています。iMovieではエフェクトのことを、「クリップフィルタ」と表現しており、デフォルトで30種類利用できます。

そこで本記事では、iMovieのビデオクリップにエフェクトを追加する方法について徹底解説。ご参考になりましたら幸いです。

iMovieにクリップフィルタ(エフェクト)を追加する方法

ビデオクリップ全体に特殊な効果を入れたい時に使うのが「クリップフィルタ(エフェクト)」です。エフェクトはビデオクリップ全体に適用されるので、もし部分的に効果を入れたい場合は、動画クリップの分割をおすすめします。詳しいやり方は、下記ページを参照してください。

参考:iMovieの使い方:動画クリップを分割・保存する方法【Mac/iPhone】

Macの場合

1.タイムラインでエフェクトを追加したいクリップを選択。

2.エフェクトメニューから「クリップフィルタとオーディオエフェクト」を選択。

 

3.「クリップフィルタ」を選択するとクリップパネルが表示されるので、適用したいエフェクトのサムネイルをクリック。

上記手順で、動画クリップにエフェクトが適用されます。パネル状のフィルタにマウスを合わせるとプレビューが表示されますので、利用したい効果を適用する前の確認として使ってみてください。

iPhone/iPad(iOS)の場合

1.タイムラインでエフェクトを追加したいクリップを選択。

2.フッターメニューから「プロジェクトフィルタ」を選択。

 

3.パネル一覧からエフェクトを選んで適用。

アプリ版iMovieでは、エフェクトの種類が少ないです。そのため、表現できる幅も狭まりますので本格的な編集をしたい人はMac版のiMovieを使うことをおすすめします。

クリップフィルタ(エフェクト)を削除する方法

Macの場合

  1. ビューアーの「クリップフィルタとオーディオエフェクト」をオフにする
  2. エフェクトメニューの「クリップフィルタ」を「なし」にする

iPhone/iPad(iOS)の場合

「プロジェクトエフェクト」を開き、「なし」を選択する。

iMovieにはいろいろなエフェクトがデフォルトで用意されていますが、凝った物は用意されていません。例えば、爆発やキラキラを施すようなエフェクトは、別途自分で用意しなければなりません。

そういった凝ったエフェクトを自分で追加する方法は、また別の記事でご紹介します。

iMovieの使い方が一瞬でわかる!

iMovieの使い方をこの記事一つにまとめています。iMovieの画面説明から各種アイコンの名称、基本的な操作はもちろんのこと、iMovieを使った小技やテクニック等の応用まで幅広く執筆しています。

iMovieの使い方をもっと知りたい方は下記記事をブックマークしてみてください。随時使い方を更新していきます。