ジンバルとは

【ドローン基礎用語】ジンバルとは?仕組みをわかりやすく紹介

ドローンには、カメラの両端に「ジンバル」と呼ばれる装置がついている製品があります。

ここでは、ジンバルとは何か、ジンバルの役割について詳しく紹介していきます。

ジンバルとは?

ジンバルとは、ドローンが傾いたときにカメラの角度を変えずにピタッと固定する役割を持つ装置です。

DJI Mavic 2 Proのジンバル

上記はDJI Mavic 2 Zoomですが、カメラを挟むように固定されている装置があるのはお分かりでしょうか。これが「ジンバル」です。

ジンバルの仕組み

画像を見てもらうとわかりますが、機体を傾けてもカメラの位置をピタッと固定されています。

ジンバルの仕組みを簡単に表すと、ピタッとカメラを固定してさらに揺れや振動を吸収する装置となります。

ドローンは性質上プロペラが高速で回転するだけではなく、加速するとき一時的に期待が傾くことがあるので常に揺れや振動を捉えてしまいます。しかしジンバルががあることで、振動や揺れがあったとしてもカメラで撮影した映像がブレずに録画することが可能になります。

ジンバルには2つの軸が存在する

ジンバルは、モーターの数によって「3軸ジンバル」と「2軸ジンバル」で分かれます。今回例として紹介したDJI Mavic 2 Zoomは3軸ジンバルとなっています。

モーターの数が多い機体だとより強い揺れを計測してしまうので、揺れや振動の吸収力が高い3軸ジンバルが使われています。トイドローン系の多くは2軸ジンバルとなっており、3軸は少し高額なドローンに搭載されていることが多いです。

また、ジンバルが搭載されていない小型ドローンも存在します。

それらの小型ドローンは、ジンバルではなくソフトウェア処理によって揺れを解析して取り除くシステムを使っていることが多いです。当然ながらおもちゃレベルのドローンになると、そもそもソフトウェア処理もジンバルも搭載されていないタイプもあります。

スポンサードリンク

ドローンの基礎用語を学ぼう!

ジンバルとは

ドローンには、カメラの両端に「ジンバル」と呼ばれる装置がついている製品があります。 ここでは、ジンバルとは何か、ジンバルの役割について詳しく紹介していきます。 ジンバルとは? ジンバルとは、ドローンが […]

ドローンの基礎用語として「スキッド」が存在します。 スキッドとは、ドローンについている脚のことを指します。主に着陸時に用いられる脚で、完全に固定式のものから飛行時はカメラの邪魔をしないようにスキッドを […]

ドローンを空撮目的で始める人も多いと思います。私もテレビでよく見る俯瞰視点で海や山を撮影したいと思い、ドローンを始めました。そしてドローンにはカメラが当然搭載されており、それぞれの用途に応じたカメラが […]