iPhone版iMovieの使い方まとめ

iPhone版iMovieの使い方を0から100まで全解説

このページでは、iPhoneやiPadで使えるiOS版iMovieの使い方の基礎から応用テクニックまで全て解説しています。実際に動画を作りながら手順を解説しているので、初めてiOS版iMovieを触る方でも安心して使うことができます。

簡単ではありますが、この記事で学べることを書きにまとめました。

  • 新規プロジェクトの作成
  • テロップの追加方法
  • 音楽の挿入方法
  • 新しい素材の追加方法
  • 動画の書き出し方法
  • その他iOS版iMovieで使えるテクニック

今回は、iPhoneによるレクチャーとなります。Mac版iMovieに関しては下記記事にまとめていますので、そちらを参考にしてもらえたら幸いです。

新規プロジェクトの作成

iPhone版iMovieで動画を作っていくには、まず最初にプロジェクトを新規作成しなければなりません。

iMovieをホーム画面から開くと、プロジェクト一覧画面が表示されます。その中に「プロジェクト作成」があるのでタップしてください。

新規プロジェクトを作る際に、「ムービー」と「予告編」のいずれかを選べます。ここでは、ムービーを選択してください。

「予告編」とは、テンプレートに当てはめて動画を作る手法で、自由度が「ムービー」よりも低いですが指示に従うだけで動画が作れるので、初めて動画制作する方にお勧めできる手法です。予告編の詳しい使い方は下記記事にまとめています。

関連記事

iMovieには「予告編」と呼ばれる機能があり、iPhoneやiPad版でもこれを使うことができます。予告編を簡単に説明してしまうと、長いムービーをギュッと要約して短時間で動画の内容を伝える手法です。予告編動画はテンプレートに当ては[…]

次に、最初に挿入する素材を選びます。素材は、動画や画像が対象です。

複数この素材を一気に挿入することもできますが、今回は1つだけ動画を選んで挿入します。素材を選んだら、iPhone下部の「ムービーを作成」をタップ。

「ムービーを作成」を押すと、動画の編集画面に移動します。

上記状態になったら、プロジェクトの作成は完了となります。

テロップの追加方法

次に、動画にテロップを追加していきます。YouTuberの動画では当たり前の動画編集方法となっているので、テロップの使い方は確実にマスターすることをおすすめします。

テロップを追加したいクリップを選択し、フッターメニューから「T(テキスト)」アイコンをタップ。

いくつかのテロップテンプレートが表示されますので、自分の好きなもの、イメージに近いものをチョイスして字幕を追加してください。今回は例として標準を選びました。残念ながら、色の変更やテキストの大きさ、文字位置の細かい調整ができないのがiPhone版iMovieのデメリットです。

iPhone版iMovieのテロップに関する細かい解説や使い方は下記記事にまとめています。

関連記事

iPhone版iMovieでは、プロジェクトに対して自由にタイトルを追加でき、さらに各タイトルスタイルにはアニメーションが追加されているのが特徴です。そこで本記事では、iPhone版iMovieで動画にテロップ(字幕)を入れる手順に[…]

音楽の挿入方法

iPhone版iMovieでは、動画に音楽や効果音を追加することができます。音楽をつけることによって、動画のイメージをガラッと変えることができ、さらに効果音を追加して注目ポイントなどを音で視聴者に伝えることが可能になります。

音楽を挿入するには、まずタイムラインの「+」をタップします。

「オーディオ」から音楽を選択します。今回は、iPhone版iMovieに最初から入っている「サウンドトラック」から、音楽をタイムラインへ追加しました。

ついでにサウンドエフェクトも追加したのが下記となります。

BGMが緑色、サウンドエフェクトが青色です。

音楽の追加に関しては、かなり制限があるので使いこなすのが難しいですが、下記記事を見ればどうやって複数の音楽を同時挿入するのか、音楽の音量を調整するのかなどが全てわかります。

関連記事

iPhone版iMovieでは音楽に関する機能が、Mac版と比べた時に少し劣ってしまいます。できない事もありますが、次のような事はiPhone版iMovieでもできます。 音楽の挿入 音楽の音量調整 フェードイン/フェ[…]

新しい素材の追加方法

最初に1つだけ動画を選んでプロジェクトを作成しましたが、本来動画を作る場合は複数の素材を組み合わせて完成させるのが当たり前です。そこで、後から素材を新しく追加する方法についてご紹介していきます。

新しい素材を追加するには、まずタイムラインの「+」をタップ。

「ビデオと写真」から、追加したい素材を選んでください。

「+」をタップすると、タイムラインに素材が追加されます。

形式を指定して素材追加も可能

素材を追加する直前に、「+」以外にもメニューが表示されたかと思います。そのメニューの中に「…」がありますが、そちらをタップすると挿入方法を選ぶことができます。

選べる挿入形式は、全部で5種類。

  • カットアウェイ
  • ピクチャ・イン・ピクチャ
  • スプリットスクリーン
  • グリーン/ブルースクリーン
  • オーディオのみ ※
※ オーディオは動画を選んだ時のみに表示されます。
関連記事

テレビでよく見かける、画面の端っこなどにもう一つの映像が表示される「ワイプ」はご存知でしょうか。画面の上に画面を表示するテクニックです。YouTuberなどもよく使っている手法ですので、見かける機会は多いかと思います。iMovieで[…]

関連記事

iMovieで動画編集をしている際、今編集している素材の代わりに一時的に別の素材を表示したくなる時はないでしょうか。いわゆる画面の切り替えや合成として使われるテクニックで、iMovieでは「カットアウェイ」として用意されています。そ[…]

関連記事

1つの動画を再生している中で、同時に2つの動画や画像を流したいときはないでしょうか。YouTubeなどでもよく見る手法ですが、スクリーンを2画面に分割して、別々の映像を映しているイメージです。この動画はiMovieでも作ることができます。[…]

動画の書き出し方法

基本的にはテロップや音楽を追加したら動画が完成となります。そして最後に行わなければならないのが、完成した動画の書き出しです。

動画を書き出すには、一度「完了」を押して編集画面からプロジェクト詳細画面へ移動する必要があります。

フッター部分に3つのアイコンがありますが、その中の真ん中「共有」アイコンをタップ。

書き出し場所、及び書き出しサイズの2つを選んだら書き出しが開始されます。

今回は、書き出し場所を「ビデオを保存」のiPhoneの写真アプリ内、書き出しサイズを「HD-720p」にしています。

iPhone版iMovieは様々な方法で動画を保存することができるようになっています。書き出しについてもっと詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてください。

関連記事

iPhoneで作成した動画はいくつかの方法で書き出し可能です。例えば、YouTubeに直接アップロードしたり、メールで動画を送ったり、Googleドライブなどのサードパーティ製のクラウドストレージに保存したり可能です。そこでこの記事[…]

その他iOS版iMovieで使えるテクニック

クリップの分割方法

クリップの分割を行うことで、動画の不要な部分をカットしたり、動画の一部にエフェクトやミュートをかけることが可能になります。

カットしたい箇所に再生ヘッドを合わせ、そのままクリップをタップします。すると、フッターにハサミアイコンが表示されるので、そちらのメニューから「分割」を選択。

これでクリップの分割ができます。クリップ編集に関する記事を下記にもっと詳しくまとめています。

関連記事

iOS(iPhone/iPad)で使えるiMovieアプリは、mac版と違ってやれることは少ないです。そのため、クリップの編集も大きく分類して次のようなことしかできません。 トリミング コピー 移動 分割 […]

トランジションの変更・削除

新しく素材を追加、もしくは素材をその場で分割した場合、必ずトランジションが付与されます。

そんなトランジションは、フェードやスライドなど効果を変更することができます。また、「なし」にすることで擬似的にトランジションを削除することも可能。

関連記事

iPhone版iMovieには、トランジション機能が存在します。この機能を使うことで、動画と動画の切り替わりを滑らかに、自然に演出可能なので絶対に利用することをおすすめします。そこで本記事では、iPhone版iMovieでトランジシ[…]

iPhoneで作成した動画をMacに送る

iPhoneやiPadで作成した動画をMacに送るには、いくつかの方法があります。

例えば、AirDropを使ってBluetoothで送信したり、iCloud Driveを使うなどです。詳しくは、下記記事をご覧ください。

関連記事

iPhoneやiPadで利用できるiMovieアプリで作成した動画を、Macに直接送りたい場面も多々あるかと思います。いくつかやり方がありますが、基本的にiOSに備わっている機能を使えば簡単に動画をMacに送ることができます。この記[…]

スポンサードリンク

iMovieの使い方が一瞬でわかる!

iMovieの使い方をこの記事一つにまとめています。iMovieの画面説明から各種アイコンの名称、基本的な操作はもちろんのこと、iMovieを使った小技やテクニック等の応用まで幅広く執筆しています。

iMovieの使い方をもっと知りたい方は下記記事をブックマークしてみてください。随時使い方を更新していきます。