iMovie スローモーションの使い方まとめ【Mac/iPhone】

iMovie スローモーションの使い方まとめ【Mac/iPhone】

iMovieでは動画や音楽の再生速度を変更する事ができます。

早送りはもちろんのこと、スローモーションも適用可能です。そこで本記事では、iMovieでスローモーション編集した動画を作る方法をMacとiPhone(iOS)に分けてご紹介します。

iMovieでの速度変更の詳しいやり方は、下記記事に全てまとめています。

関連記事

あまりにも動画の尺が長い時カットして飛ばすのも良いですが、実際に作業を映しながらその様子を視聴者に届けたい場合は早送りを多用することが多いです。また、一部分をゆっくりと再生したい場合はスローモーション機能が役に立ちます。そういった機[…]

【iPhone/iPad】スローモーションのやり方

まず始めにiPhoneとiPad版のiMovieで、スローモーション編集した動画を作る方法をご紹介します。

(1) 動画をタイムラインに挿入し選択状態にした上で、フッターの速度調整アイコンをタップ。

(2) ツールバーを左にスライドすると、スローモーションが適用されます。

デフォルト状態だと1倍速になっており、最大で1/8倍速のスローモーション編集を動画に掛ける事が可能です。

【Mac】スローモーションのやり方

Mac版のiMovieも基本的にはiPhoneと同じやり方で、スローモーションを適用する事ができます。

(1) 動画をタイムラインに挿入して、クリップを選択状態にします。

(2) 右上のエフェクトメニューから「速度調整」のアイコンをクリック。

(3) タブメニューから「遅く」を選択。

スローモーションは10%、25%、50%から選べます。

例えば20秒の動画があったとすれば、50%なら2倍の40秒、25%なら4倍の1分20秒、10%なら10倍の3分20秒のスローモーションが適用されます。

適用したスローモーションを元に戻す方法

Macの場合、速度調整タブメニューで「標準」を選ぶとスローモーションを元に戻せます。

iPhoneの場合、速度調整エフェクトを開いて「1 x」までスライドさせるとスローモーションが元に戻ります。

一部分だけにスローモーションを適用するテクニック

挿入した動画全体にスローモーションをかけるのではなく、一部分だけスローモーションを適用したい場合のテクニックをご紹介します。

やり方を簡単に紹介すると、動画の切り取りをして一部分だけスローモーションを適用するだけです。例えば、下記のような1本の動画があったとします。

このクリップを3分割します。

真ん中のクリップのみにスローモーションを適用。これで前後の映像を1倍速で維持しながら、部分的にスローモーションを掛ける事ができます。

iMovieの使い方が一瞬でわかる!

iMovieの使い方をこの記事一つにまとめています。iMovieの画面説明から各種アイコンの名称、基本的な操作はもちろんのこと、iMovieを使った小技やテクニック等の応用まで幅広く執筆しています。

iMovieの使い方をもっと知りたい方は下記記事をブックマークしてみてください。随時使い方を更新していきます。