【iOS版】iMovieオーディオ操作方法まとめ!挿入や音量調整など

iOSアプリ版のiMovieでは、外部のBGMやエフェクト音、録音した音楽や作曲したオーディオなどを追加することができます。また、それらの追加したオーディオに対して音量調整やフェードイン・フェードアウト、エフェクト処理などを施すことが可能です。

本記事では、iOS版iMovieでのオーディオ操作方法について徹底紹介しています。なお、この記事ではiPhoneを使っていますがiPadでも同様の手順でオーディオ操作を行えます。

音楽を挿入する方法

iOS版のiMovieでは、次の4つの方法で音楽を挿入することができます。

  1. iMovieに内蔵されている音楽
  2. iTunesで購入した音楽
  3. iTunes経由でiPhoneに取り込んだ音楽
  4. 作曲ソフト(Garage Band)で作った音楽

ここでは代表例として、iMovieに内蔵されている音楽をタイムライン上に挿入する方法と、iTunesで購入した音楽を挿入する方法の2つのやり方を紹介します。なお、iTunes経由で音楽をiMovieに入れる場合は「著作権」には十分気を付けましょう。

iMovieに内蔵されている音楽を挿入する

iOS版iMovieを起動し、タイムラインにある「+」をタップ。

「オーディオ」をタップし、次の画面でマイミュージックやサウンドトラックなどを選びます。今回は無料で使える音楽を挿入したいので、サウンドトラックをタップ。

クラウド上から一度ダウンロードする必要があるので、ダウンロードアイコンをタップしましょう。ダウンロードが完了すると、アイコンが消えます。

次に、ダウンロードした楽曲をタップします。「+」アイコンが右側に表示されるので、これをタップしてください。

これで、タイムライン上に音楽が追加されます。

基本的にはどの音楽を取り込むにしても、この手順を踏む必要があります。

iTunesで購入した音楽を挿入する

iTunesで購入した音楽であれば「マイミュージック」に格納されています。基本的なBGM挿入方法は、先ほど紹介したやり方と全く一緒になります。

ここでは、iTunesで購入した音楽が具体的にどこに格納されて、それをどうやって挿入するかを簡単にご説明します。

タイムラインの「+」をタップし、「オーディオ」→「マイミュージック」の順番にタップ。

例えばここで「曲」をタップすると、今までiTunesで購入した音楽が一覧として表示されます。

なお、一度オフラインで再生できるようにミュージックアプリで楽曲をダウンロードする必要があります。オフラインで使えない状態だと、iMovieで警告文のポップアップが表示され、ミュージックアプリを自動的に開いてくれます。

楽曲が挿入できる状態になると、ダウンロードアイコンが消えます。そして前章で紹介したやり方と同じく、「+」アイコンをタップして楽曲をiMovieに挿入しましょう。

以上が、楽曲の挿入方法でした。

楽曲を2つ以上挿入するテクニック

iOS版のiMovieでは、1つのタイムラインに対して2つの音楽を同時に挿入することができません。組み合わせとして2つ以上の音を取り入れるものもあります。

  • クリップの表示時間より短いBGM
  • クリップの表示時間より短い効果音

実際の挿入イメージは下記の通りです。

この場合、メインのBMGを2曲、効果音を2つタイムラインに挿入しています。写真や動画の再生時間より短ければ挿入できるので、トリミングなどを行って調整するのが良いかと思います。

音量を調整する方法

タイムラインに挿入した音楽の音量の調整方法をご紹介します。

とは言え、やり方は非常に簡単。ざっくり説明すると、音楽クリップを選択状態にすると音量調整スライダーが画面下に表示されるので、それを左右に動かして調整するだけです。

フェードイン/フェードアウトを設定する方法

iOS版iMovieでも、挿入したBGMに対してフェードインやフェードアウトを設定することが可能です。BGMの始まりや終わりにフェードを掛けることで全体の流れが自然になりやすいので、これはぜひ使って欲しい機能です。

まずはフェードを掛けたい音楽クリップをタップして選択状態に。続けて音量調整アイコンをタップして「フェード」をさらにタップ。

黄色の▼アイコンが音楽クリップの先端と終端に表示されるので、これを左右にドラッグしましょう。今回はフェードインとフェードアウトを同時に掛けてみました。

フェードインを掛けたい場合は、先端の▼を右側にドラッグ。フェードアウトの場合は、終端の▼を左側にドラッグしましょう。

これでフェードイン/フェードアウトの設定は完了となります。

ビデオクリップの音楽と動画を分離する方法

ビデオクリップの音楽と動画を分離して別々に調整を行いたい、もしくはそもそも音声データが不要である場合、ビデオとオーディオを分離しましょう。

ビデオクリップを選択状態にし、オーディオアイコンをタップ。4つのメニューが表示されるので、この中から「切り離す」を選択。

すると、ビデオからオーディオクリップが分離されます。あとはこれを削除すると音声データは完全に消去されます。

単純にビデオクリップの音量を0%にするのでもOKです。ただ、分離したほうが完成したファイルの容量が少し小さくなります。

iMovieの使い方が一瞬でわかる!

iMovieの使い方をこの記事一つにまとめています。iMovieの画面説明から各種アイコンの名称、基本的な操作はもちろんのこと、iMovieを使った小技やテクニック等の応用まで幅広く執筆しています。

iMovieの使い方をもっと知りたい方は下記記事をブックマークしてみてください。随時使い方を更新していきます。