Mac版iMovieの使い方!超基礎から応用テクニックまで

動画編集ソフトとして、Macに無料でインストールされている「iMovie」の利用を考えてはいないでしょうか。もしくは、すでに使っているというユーザーも多数いらっしゃると思います。

そんなiMovieの使い方を、当メディアでまとめています。ブックマークなどに入れておくと、検索する手間もなく便利です。使い方に困った時の参考書代わりに、この記事を使っていただけますと幸いです。

iOS版iMovieの使い方に関しては、下記記事に詳しくまとめています。

関連記事

このページでは、iPhoneやiPadで使えるiOS版iMovieの使い方の基礎から応用テクニックまで全て解説しています。実際に動画を作りながら手順を解説しているので、初めてiOS版iMovieを触る方でも安心して使うことができます。[…]

iPhone版iMovieの使い方まとめ

iMovieとは?できることは何?

iMovieとは、Apple社が提供しているiOS/Mac OS専用の動画編集ソフトです。

動画の取り込みから編集、書き出しまでを一つのソフトでできるので、YouTubeにアップロードする動画をiMovieで作成しているmacユーザーも多いです。

また、macだけでなくiOSアプリとしてリリースされているのも、他の動画編集ソフトとは違う点です。iPhoneやiPadで撮影した映像をそのままアプリで編集して書き出しができ、なおかつ直感的に操作しやすいのが特徴的。

極限までシンプルに作られているので、Adobe premiere Proなどと比較すると覚える操作が少ないのもメリットです。逆に機能が少なくて凝った編集ができないのがデメリットとなります。

iMovieのインターフェースを徹底解剖

iMovieは非常にシンプルなユーザーインターフェースをしており、無駄なコマンドがほとんどありません。そのため、どこに何があるのかがわかりやすくなっています。

ここでは、iMovieのインターフェースと、各種名称を画像付きで紹介します。

1.ツールバー

プロジェクトの作成、動画の読み込み、コンテンツライブラリ・ブラウザ領域の表示/非表示がワンクリックでできるようになっています。この3つのボタンの流れにしたがって作業をすれば、動画を一本作成することが可能です。

2.コンテンツライブラリ

動画作成のエフェクトやオーディオクリップなどの表示を切り替えられる領域。例えば、トランジションをクリックすれば、動画に挿入できるエフェクトが一覧として表示されます。

3.イベントとライブラリ

iMovieに取り込みしたクリップを一覧として管理できる「イベント」。そして、イベント一覧を管理しているライブラリが表示されている領域です。

4.ブラウザ領域

開いたイベントで管理されている動画や音楽、画像などを管理する領域。ブラウザに表示されている動画や画像は、タイムラインにドラッグ&ドロップすることで編集することができます。

5.タイムライン

編集のメインとなる領域。タイムライン上でオーディオと動画の切り離しや、エフェクト・トランジションなどの処理を適用することが可能です。iMovieで最もよく使う領域なので、タイムラインでの操作方法は色々と覚えておくと捗ります。

6.エフェクトメニュー

テキストの配置や色補正処理、サウンドの管理などを行えるエフェクト領域です。取り込んだ映像に対して様々なエフェクト処理を掛けることができます。

7.ビューアー

タイムライン上で編集中の映像や現在の再生時間の映像を表示する領域。

8.共有(書き出し)メニュー

動画の書き出しを行うときに使うメニュー。クリックして開くと、YouTubeやFacebook用の設定での書き出しや、自分のオリジナル設定での書き出しを行うことができます。

新規プロジェクトの作成

まずは新規プロジェクトを立ち上げなければ始まりません。

iMovieを開き、プロジェクト一覧画面から「新規作成」をクリック。

「予告編」と「ムービー」が表示されますが、ここでは「ムービー」を選択してください。

予告編とは、Mac版iMovieで用意されている14個のテンプレートに沿った動画を作成していく機能となります。動画素材を当てはめ、テロップの修正をするだけなので誰でも簡単にそれっぽい動画が作れるのがメリットです。ただし、あまりカスタマイズ性がないのがデメリットでもあります。

すると、プロジェクトが新規作成され、動画編集画面が表示されます。

ここまでが、プロジェクトの新規作成です。ここからは、実際に動画を編集していく作業となります。

テーマを使って簡単動画制作も

ムービーでは、自分で好きなように動画制作ができます。しかし、自由度がある程度高いこともあり、動画編集初心者にとってはハードルが少し高く感じるかもしれません。

そんな時におすすめしたいのが、「テーマ」を使った動画制作です。

iMovieの「テーマ」は、動画編集で大変だとされるテロップ入れやBGM設定、エフェクト、トランジションの設定などの作業を行わなくても、動画を用意してはめ込むだけでそれっぽいムービーが簡単に作れるテンプレート機能です。

テーマを使った動画制作の詳細は、下記記事にまとめています。

関連記事

iMovieには「テーマ」と呼ばれるテンプレートが用意されています。初めてビデオ編集をするユーザーにおすすめな編集方法で、このテーマを使うことでタイトル設定やBGMの設定、エフェクト、トランジションなどの面倒な作業を省くことができま[…]

素材クリップをタイムラインへ追加

プロジェクトの作成が完了したら、次はタイムラインへ動画や画像の素材を読み込みます。読み込み方法は、以下2つとなります。

  • マイメディアからの読み込み
  • Finderから直接ドラッグ&ドロップでの読み込み

マイメディアからの読み込み

動画や画像、音楽などのクリップは、全てマイメディアに登録されます。

「ファイル」→「メディアを読み込む」から、iMovieに取り込むメディアを選択して読み込みを行ってください。すると、下記のように一覧に表示されるようになります。

その後、タイムラインへドラッグ&ドロップすることでクリップの追加ができます。

Finderから直接ドラッグ&ドロップでの読み込み

個人的にはメディア読み込みよりも、Finderから直接タイムラインへドラッグ&ドロップで読み込みすることをおすすめします。

やり方も非常に簡単で、FinderからiMovieのタイムラインへ向かってドラッグ&ドロップするだけです。

マイメディアの一覧にも勝手に登録されるので、お手軽さで言えばこっちの方が上です。

映像データの取り込み方法まとめ

ビデオカメラやiPhone、iPadなどで撮影した映像を、iMovieに取り込む方法をまとめています。やり方は3種類あります。AirDropなどを使わず直接インポートしたり、パソコン内の動画データを取り込む方法まで解説しています。

関連記事

iMovieを使って一本の動画を作り上げるには、動画データを読み込む必要があります。読み込み方法は、大きく分けて次の3つが用意されています。 ビデオカメラから直接取り込み iPhoneやデジカメから直接取り込み Mac[…]

関連記事

iMovieで動画編集をする際は、編集用の映像データをiMovieに取り込まなければなりません。しかし、全ての動画ファイルが取り込めるわけではありません。iMovieに対応していないファイル形式もあります。また、iMovieの動画を[…]

クリップの編集

タイムラインへ追加したクリップを編集して、不要な部分をカットしたり、個別にエフェクトなどをかけられる準備をしていきましょう。ここでは、主にクリップ編集における下記3つのやり方をご紹介します。

  1. 分割
  2. トリミング
  3. 音の切り離し

分割

クリップの分割は、最も多く使う編集方法でもあるので、必ずマスターすることをおすすめします。

分割したい箇所に再生ヘッドを合わせ、キーボードの「⌘ + B」を押してください。

すると、クリップが再生ヘッドの位置で分割されます。元に戻したい場合は「⌘ + Z」を押して前の編集に戻ってください。

関連記事

長い素材動画の中で、一部分を切り取って使用したいと思ったことはないでしょうか。iMovieではそんな時に便利な機能として、「クリップの分割」が用意されています。そこで本記事では、iMovieで動画クリップを分割する方法をMacとiP[…]

トリミング

動画クリップの余分な箇所を始点と終点から取り除く機能が「トリミング」となります。クロップと勘違いされやすい機能ですが、全くの別用語となるので注意してください。

始点、もしくは終点から不要なビデオクリップを見つける。今回は下記のように線までの部分をトリミングします。

始点から線(再生位置)までトリミングしたのが下記となります。

トリミングしたクリップ部分はカットされ、再生されなくなります。もしも後からトリミングしたい部分を元に戻したい場合、逆にヘッド位置を始点部分までドラッグすればOKです。

関連記事

iMovieでは、ビデオクリップのトリミングが用意されています。トリミングと混同しやすい機能にクロップがありますが、そちらとは違うので間違わないようにしてください。もしかすると自分が探しているのはクロップかも、と思った方は下記記事を参考にし[…]

ビデオから音を切り離す

ビデオクリップには、少なからず音が入っていると思います。必要ないのならミュートにしてもOKですが、利用して個別に音の編集を行いたい場合は一度ビデオから音を切り離すことをおすすめします。

音を切り離したい動画クリップを右クリックし、「オーディオを切り離す」をクリック。

すると、ビデオクリップから音が消え、音楽クリップが独立して表示されるようになります。

テロップ(字幕)の追加

YouTuberっぽい編集を動画に施したいのなら、テロップの追加は忘れてはいけません。Mac版iMovieには、「タイトル」と呼ばれる機能が存在しており、これを使うことで動画にテロップ・字幕を追加できます。

タブメニューから「タイトル」を選択し、好きなテロップをタイムラインへドラッグ&ドロップ。今回は「標準」を追加することにしました。

再生ヘッドの位置に始点が合うように追加されるので、マウスで位置や表示秒数を調整してあげましょう。

その後、プレビューウインドウで直接テロップのテキスト修正やフォントの変更など行います。テロップに関する詳細は下記記事にもっと詳しくまとめていますので、是非ご参考にしてください。

関連記事

YouTubeなどで良く見る音声に対する字幕。あのようなテロップをiMovieでも簡単に入れることできます。文字入れに使う機能は、iMovieの「タイトル」という機能。これを使えば動画に字幕を簡単に入れることができます。そこで本記事[…]

また、オリジナルフォントを追加して他のYouTuberと差別化を図ることも可能です。

関連記事

iMovieはテロップを含めた文字周りの機能が貧弱です。そのため、凝ったテロップを作れないのがデメリットとして挙げられます。しかしそんな中で、フォントを追加することはできるので、貧弱だった文字入れ機能もフォントを変えるだけでリッチになったり[…]

音楽の追加

テロップの次に欠かせないのが、音楽です。音楽を追加することで、動画の雰囲気も一気に変わりますし、視聴している方も無音より音があった方が良いという場合もあります。

音楽の追加は、素材クリップの追加同様に2パターンあります。

  1. オーディオからドラッグ&ドロップ
  2. FinderからiMovieにドラッグ&ドロップ

オーディオから音楽を追加する場合、「ミュージック」、「サウンドエフェクト」、「GarageBand」などのメニューから選べます。最初からiMovieに入っているプリセットから、Apple Musicで購入した音楽の挿入などが可能です。

著作権フリーの効果音やBGM配布サイトも色々ありますので、そちらから拝借してFinderからiMovieに直接取り込む人が結構多いです。私も、そのやり方で音楽を追加することがほとんどです。

オーディオに関する編集方法まとめ

iMovieで行えるオーディオの編集方法についてまとめています。

関連記事

ムービー製作と言えば、何かしら音楽を挿入したくなると思います。iMovieでも音楽の挿入機能があり、シーンに合わせた音楽を自由自在に挿入することが可能です。今回の記事では、iMovieに音楽を挿入する方法を徹底紹介。条件によっては挿[…]

関連記事

iMovieで動画や音楽をタイムラインに挿入した際、BGMの出だしを無音からのフェードイン、終了時にだんだんと音を小さくしていくフェードアウトを使いたい場面はよくあります。今回の記事では、iMovieで音楽・BGMをフェードイン/ア[…]

関連記事

iMovieは基本的にクリップが左詰される仕様があります。そのため、例えば1分あたりから音楽を流したい場合に通常のBGM挿入方法では途中から再生することができません。そこでこの記事では、iMovie途中から音楽を流すテクニックを徹底[…]

関連記事

動画を撮影した後いざ編集しようと思ってiMovieを立ち上げると、周囲の雑音が酷かったり、そもそも音声の録音ができていなかったというシーンに遭遇することがあります。まだ諦めるのは早いです。iMovieには編集しながら音声を追加できる[…]

関連記事

何かしら動画を撮影する時は音声も一緒に録音するかと思います。特にYouTubeなどに動画をアップしている人は音声の質には気を使いますよね。ですが、必ずと言っていいほど録音した音声には「ホワイトノイズ」が入ります。このホワイトノイズは[…]

関連記事

iMovieでは音楽を手軽に挿入できますが、その他にリアルタイムで録音した音声を取り込めることはご存知でしょうか。また、それ以外にもMacやiOSの標準アプリである「ボイスメモ」で録音した音声をiMovieで使うことができます。そこ[…]

関連記事

動画にはバックで流れるBGMだけでなく、シーンの切り替えなどで効果音を利用すると、より印象的な映像に仕上がります。効果音はテレビでもよく使われている素材で、昨今はYouTuberも頻繁に使っているほど重要なものとなっています。例えば、ピーと[…]

iMovie 効果音の追加方法

トランジションの追加

トランジションを用いることで、動画と動画の繋ぎを自然に見せてくれます。また、動画の最後はフェードアウトをかけたり、入りはフェードインで作りたい場合に活用することもできます。こちらも使用頻度が高い編集テクニックなので、必ずやり方をマスターしておくことをおすすめします。

トランジションタブを開いて、動画と動画の切れ目に任意のトランジション効果をドラッグ&ドロップ。

基本的なトランジションの追加方法は以上となります。

トランジションに関するまとめ記事

トランジションは、秒数のデフォルト設定などを環境設定から変更できます。トランジションに関する記事を下記にまとめました。

関連記事

本記事では、Mac版iMovieのトランジション機能の使い方を徹底解説しています。この記事のトランジション機能の解説記事では、次のようなことがわかります。 トランジションの追加方法 トランジションの削除方法 トランジシ[…]

関連記事

本記事では、iMovieを使って動画や画像をフェードイン・アウトさせる方法を解説しています。フェードイン・アウトは動画や画像、音楽に適用できるトランジションですが、文字(字幕)に適用することはできません。動画や画像をフェードイン[…]

エフェクトの適用

エフェクトを使いこなすことで、様々な効果を動画に適用できます。チープな動画からクオリティの高い動画に変貌するので、ぜひエフェクトの使い方をマスターしてもらえたらと思います。

ここではよく利用されるエフェクトである「ピクチャ・イン・ピクチャ」の使い方を簡単にご説明します。

エフェクトバーの「ビデオオーバーレイ設定」から、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択。

すると、ピクチャ・イン・ピクチャを適用した動画・画像が小さなワイプになるので、あとは位置やサイズをプレビュー画面上で調整して完了です。

レイヤーのように動画の上に動画を重ねることができるテクニックなので、テレビでよくあるワイプのような動きを再現できます。

エフェクトメニューの使い方

関連記事

本記事では、iMovieで動画の一部をクロップする方法を解説しています。MacとiPhoneに分けて使い方を紹介していますので、目的に合わせて目次からスキップしてください。クロップとは「クロップ」とは、画像や動画の一部分を切り抜き、[…]

関連記事

iMovie(アイムービー)では、あらかじめいくつかのエフェクトが用意されています。iMovieではエフェクトのことを、「クリップフィルタ」と表現しており、デフォルトで30種類利用できます。そこで本記事では、iMovieのビデオクリ[…]

関連記事

iMovieには予めいくつかのエフェクトが用意されていますが、そこまで種類が多くなく自分の目的にあった効果を適用できないパターンが多いです。例えば、YouTubeなどでよく見るキラキラや爆発といったエフェクトは、iMovieには存在しません[…]

関連記事

iMovieでは動画や音楽の再生速度を変更する事ができます。早送りはもちろんのこと、スローモーションも適用可能です。そこで本記事では、iMovieでスローモーション編集した動画を作る方法をMacとiPhone(iOS)に分けてご紹介[…]

iMovie スローモーションの使い方まとめ【Mac/iPhone】
関連記事

1つの動画を再生している中で、同時に2つの動画や画像を流したいときはないでしょうか。YouTubeなどでもよく見る手法ですが、スクリーンを2画面に分割して、別々の映像を映しているイメージです。この動画はiMovieでも作ることができます。[…]

関連記事

テレビでよく見かける、画面の端っこなどにもう一つの映像が表示される「ワイプ」はご存知でしょうか。画面の上に画面を表示するテクニックです。YouTuberなどもよく使っている手法ですので、見かける機会は多いかと思います。iMovieで[…]

関連記事

iMovieで動画編集をしている際、今編集している素材の代わりに一時的に別の素材を表示したくなる時はないでしょうか。いわゆる画面の切り替えや合成として使われるテクニックで、iMovieでは「カットアウェイ」として用意されています。そ[…]

関連記事

テレビ番組やYouTubeなどでよく使われるVTRの巻き戻し。別名で逆再生とも呼ばれ、少し前のシーンまで戻る時にカットではなく自然な流れで巻き戻すことができます。この機能は大抵の動画編集ソフトに備わっており、iMovieでも使えます。[…]

動画の書き出し

クリップの編集、テロップの追加、音楽の追加、トランジションの追加、これらが出来たらほぼiMovieによる動画制作は完了となります。最後に、動画を書き出してMac内に保存したり、YouTubeにアップロードしていきましょう。今回は、ローカルに保存する方法をご紹介します。

Mac版iMovie右上に「共有」アイコンがあるのでクリック。そして、「ファイル」を続けて選択してください。

書き出しメニューが表示されます。

ファイル名や動画の説明、タグ、フォーマット、解像度、品質、圧縮の7項目を入力したら「次へ」をクリック。

最後に、書き出し場所を選択して「保存」を押してください。

これで動画の書き出しは完了となります。

動画の書き出しに関するまとめ記事

動画の書き出し方法をより深く知りたい方は、下記記事を参考にしてください。

関連記事

iMovieでは、動画の編集から書き出しまでの過程を全て一つのソフトで行えます。書き出しについては直接YouTubeやフェイスブックに共有したりできますが、ほとんどのユーザーは一度ローカルへmp4で書き出ししたいはずです。そこで本記[…]

関連記事

iMovieで編集した動画を書き出ししようとした時、360p、540p、720pは書き出しサイズとして表示されるにもかかわらず、1080pや4Kが洗濯できずに困ってはいないでしょうか。そこでこの記事では、iMovieで動画書き出し時[…]

関連記事

iMovieで動画を作った後は、通常であれば「ファイル」メニューを使ってローカルに書き出します。その後、YouTubeなどの動画サイトへアップロードするのが一般的な流れとなっていますが、iMovieには一旦ローカルに書き出さずにそのままYo[…]

まとめ

ここまで、Mac版 iMovieの基本的な使い方をまとめてきました。最後に、手順のおさらいとなります。

  1. プロジェクトの新規作成
  2. 素材クリップの追加
  3. テロップ(字幕)の追加
  4. 音楽の追加
  5. トランジションの追加
  6. エフェクトの適用
  7. 動画の書き出し

基本的な使い方は以上となりますが、その他にもピクチャ・イン・ピクチャやクロマキー合成など、知っておくと便利な機能がMac版iMovieにはたくさんあります。

基本的な使い方に関する記事

関連記事

iMovieのプロジェクト保存方法などをご紹介しています。この記事で紹介する方法は、以下の4つです。 プロジェクトの保存(書き出し)方法 プロジェクトの削除方法 プロジェクトの名前変更方法 プロジェクトの複製(コ[…]

関連記事

iMovie(アイムービー)のアスペクト比を16:9、もしくは4:3に変更して動画を作成したいとお考えではないでしょうか。しかし、iMovieのバージョンアップにより、「プロジェクト情報」自体がなくなったので、アスペクト比が変更できないよう[…]

関連記事

長い素材動画の中で、一部分を切り取って使用したいと思ったことはないでしょうか。iMovieではそんな時に便利な機能として、「クリップの分割」が用意されています。そこで本記事では、iMovieで動画クリップを分割する方法をMacとiP[…]

関連記事

iMovieでは、ビデオクリップのトリミングが用意されています。トリミングと混同しやすい機能にクロップがありますが、そちらとは違うので間違わないようにしてください。もしかすると自分が探しているのはクロップかも、と思った方は下記記事を参考にし[…]

関連記事

iMovieに写真(クリップ)を挿入した時、写真の長さが思ったより短い、もしくは長いと感じた経験はないでしょうか。しかし安心してください。タイムラインに挿入後、写真や画像の表示時間をマウス一つで簡単にコントロールすることができます。[…]

関連記事

あまりにも動画の尺が長い時カットして飛ばすのも良いですが、実際に作業を映しながらその様子を視聴者に届けたい場合は早送りを多用することが多いです。また、一部分をゆっくりと再生したい場合はスローモーション機能が役に立ちます。そういった機[…]

関連記事

iMovieにおける基本的な動画の作り方の一つとして、複数の映像を組み合わせて1本の動画を作るテクニックが存在します。この記事では、次のことを紹介します。 動画と動画を繋げる方法 動画のつなぎ目に工夫を凝らすテクニック […]

Mac版iMovieの応用テクニック集

この記事ではiMovie全てのテクニックを紹介することはできませんでしたが、個別記事でちょっとした使い方や応用まで色々と書いています。下記に、それらをまとめたので、より深くiMovieの使い方を学びたい方は参考にしてもらえたら幸いです。

関連記事

結婚式などでムービーを流したり、商品の雰囲気を伝えるときにスライドショーで何枚も連続して写真を映し出したい時があります。パワーポイントなどでも作れますが、自動的に流れてくれないので動画として作る方が簡単です。おまけにエフェクトやトラ[…]

関連記事

iMovieの仕様上、外部から取り込んだ写真に勝手に動きがついていることがあります。静止画として写真を使いたい人にとって、余計な動きはいらないですよね。そこで本記事では、iMovieで取り込んだ写真が勝手に動くときの対処方法をご紹介[…]

関連記事

iMovieは基本的にクリップが左詰される仕様があります。そのため、例えば1分あたりから音楽を流したい場合に通常のBGM挿入方法では途中から再生することができません。そこでこの記事では、iMovie途中から音楽を流すテクニックを徹底[…]

関連記事

動画を見てダンスの振り付けなどを覚える時、そのままの状態では左右が見ている視点とは逆になっているので画面の映像をそのままそっくりに真似ることができません。ですが、動画を左右反転させることでそっくりそのまま画面の映像を真似ることができ[…]

関連記事

iMovieにはモザイクやぼかしのエフェクトが存在しないため、なんとなくそれらの処理を施すことを諦めてはいないでしょうか。もしくは、渋々黒塗りの画像や何かしらのキャラクターを使って動画の一部分を隠すようにしているケースも多いかと思います。[…]

関連記事

結婚式、披露宴も佳境に入る頃、大抵の場合は盛り上がりも最高潮に迎えた場面でムービーが流れ始めます。その時、ムービーの最後にエンドロールを入れることが多いのですが、iMovieで作るにはどうすれば良いかお悩みではないでしょうか。そこで[…]

関連記事

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、iMovieから「十分なディスク容量がありません」などの警告文が表示され、なんとかディスクスペースを確保しようとお考えではないでしょうか。iMovieは「Tempファイル」を勝手に作るので、それ[…]

関連記事

iMovieはテロップを含めた文字周りの機能が貧弱です。そのため、凝ったテロップを作れないのがデメリットとして挙げられます。しかしそんな中で、フォントを追加することはできるので、貧弱だった文字入れ機能もフォントを変えるだけでリッチになったり[…]

関連記事

iMovieでは、緑色の背景を透過して背景の映像と合成できる「クロマキー」が用意されています。クロマキーは動画制作においてよく使われる機能で、例えば人物を切り取ってワイプとして表示させる際に使ったり、画像だけでなく映像でも背景透過を適用して[…]

関連記事

この記事では、iMovieがアップデートできない時の原因と対処方法について詳しく紹介していきます。iMovieを含めた初期からインストールされているいくつかのアプリでは、新しく購入したMacでアップデートができない現象に陥ることが多[…]

関連記事

YouTubeは、検索結果や関連動画に自分の動画が表示される際に「サムネイル」も一緒に表示されます。言わばその動画の顔のような役割を果たしてしまい、サムネイルが違うだけでクリックされる確率が異なるとも言われています。なので、YouTubeに[…]

iMovieによるサムネイルの作り方
関連記事

iMovieはマウスで直感的に操作ができるのが魅力の一つでもありますが、もっと作業を効率的に行うために「キーボードショートカット」を覚えることを推奨します。ただし、たくさんのキーボードショートカットがあるので覚えるのが大変です。私も[…]

iMovieのショートカットキー
関連記事

iMovieではバージョン10以前までは、チャプタマーカーを手軽に追加できました。しかし、iMovieのバージョンを10以降にアップデートしてしまうと、チャプタマーカー機能がなくなり、新しくマークをつけられなくなってしまいます。です[…]

スポンサードリンク

iMovieの使い方が一瞬でわかる!

iMovieの使い方をこの記事一つにまとめています。iMovieの画面説明から各種アイコンの名称、基本的な操作はもちろんのこと、iMovieを使った小技やテクニック等の応用まで幅広く執筆しています。

iMovieの使い方をもっと知りたい方は下記記事をブックマークしてみてください。随時使い方を更新していきます。